FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

朗読劇『ミチカケ』関連写真

朗読劇『ミチカケ』公演の関連写真をあれこれと。
お楽しみくださいませ。



KANA.jpg


稽古は、町田カナさん宅へ泊まり込みで稽古させてもらいました。

衣裳の着物や帯を持参し、衣裳合わせをしました。

台本は、時と場所が幕末の品川宿なので、地名や色街の専門用語が多く
読み方や発音チェックにも余念がありません。
野良猫目線で語る、旅籠屋の女郎や下女の日常。
登場人物は17人。
町田さんが最後まで読み終わった時、身体中の細胞がザワザワしました。

20年前から彼女のファンで、ポかリン記憶舎公演に度々出演してもらってます。

「稽古、楽しいね」とニッコリの町田さん。
「楽しいね!」とニッコリ返します。



45805381_2296270700447801_7521892928336166912_n.jpg


品川観光協会の大越章光さんが、商店街の街灯に『ミチカケ』チラシを入れてくださいました。
旧東海道が野良猫白の笑顔でいっぱいに!



IMG_3407.jpg


商店街のあちこちのお店に『ミチカケ』チラシを貼らせてもらったり、置かせてもらったりしました。
どうもありがとうございました。



46501410_2318437191564485_1950992467620790272_n.jpg



公演の直前に、チラシの絵を描いてくださった柳生忠平さんが品川宿にいらっしゃいました。
彼は、初演の公演を観て『ミチカケ』ファンになってくださり、今回、野良猫白を描いてくださいました。



46516707_2321963291211875_7639802193066852352_n.jpg



野良猫白が表紙の『ミチカケ』台本、1000円です。
「品川の月」三部作(ミチカケ収録)は1500円です。
音読してお楽しみください。
郵送しますので、お問い合わせくださいませ。
pocarine.r.t★gmail.com(★を@にしてください。)



46772861_1165514390263626_3843752428612616192_n.jpg


終演後、客席でアンケートを書いている方々。
ツアーに出かけた方も沢山いらっしゃいました。



46733559_714010855631278_5851090391801004032_n.jpg


出演者、スタッフの面々です。(敬称略)

前の左から  町田カナ 篠崎正嗣 明神 慈
後ろの左から 木藤歩 サクラ 前田由梨 海老原邦希



46525923_373920376679006_5812736780524322816_n.jpg



46678698_369616346945810_2359822020750868480_n (1)


清光寺のご住職、奥様、猫のタビー。
公演が決まってから、住職ご家族が犬を飼おうとペットショップに行き、猫のタビーに一目惚れ。
タビーは寺猫としての猫生を生きることになりました。
また、後ろの掛け軸には、いろはうたが。
劇中に、手習いのシーンがあり、いろはうたを綴ります。
ご縁を感じ、胸が熱くなりました。



46766029_2107579716001817_2191323938263400448_o.jpg



清光寺の本堂の右手に、書院の入口があります。
13時と16時の公演が終わると、旧東海道を歩いて『ミチカケ』の舞台を楽しむツアーがありました。
ガイドは品川観光協会の大越さんです。
野良猫白の足跡を皆で辿りました。


46631303_2107580062668449_7367822869356609536_o.jpg


半纏を着た大越さんにぴったりついてゆく子どもたち。


47075888_2107580346001754_2599268500497235968_o.jpg


法禅寺の銀杏を見上げて。


47109055_2304764526413960_7558474079624232960_o.jpg

利田神社と鯨塚。


46814841_2304764189747327_7911138839345758208_o.jpg

荏原神社の前では酉の市が。


旧東海道から小径に入ると、お寺や手漕ぎ井戸があり、猫がのんびり日向ぼっこしています。
また品川宿へ遊びにいらしてくださいね。

次回作もお楽しみに。。。

スポンサーサイト
  1. 2018/12/04(火) 22:25:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 朗読劇『ミチカケ』舞台写真>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/313-660a6804