FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『花音2017』稽古11/13

明後日には劇場入りしているという。
なんともあっという間な感じがしています。

さて、昨日に引き続き、
本番へむけてさらに作品の純度を高めていく稽古になります。

はじまる前から主演のお二人は、
稽古場の隅で、アップをしながら台詞を合わせていました。

そして稽古開始は、いつも通り「空気かき」から。
限られた時間内での稽古ですが、場をしっかりとつくることは欠かせません。

20171113_184825-min.jpg 

そして、今日は音楽の木並和彦さんがいらっしゃるので、
後半を部分部分で稽古して、二度目の通しに挑みます。

20171113_195131-min.jpg 

と、その前に恒例の休憩中の差し入れを頂きました。
今日は、作・演出の明神さんのお友達が見学に来てくださり、
ワッフルをおいしく食べました。

そして、木並さんからも、
バームクーヘンを頂きました。

さらに!
明神さんが、柿を持ってきてその場でむいてくれました。
なんとも豪華な差し入れに主演のお二人もこの笑顔。

20171113_195117-min.jpg 

二度目の通しは、当然ではありますが、
昨日よりも濃密な空気が出来上がりました。

木並さんによる、舞台美術の一部のような音も入り、
作品の完成へとさらに期待が高まります。

本番では、音響、照明、衣装がつきます。
そして観客席にはお客さが座ります。

そうなったとき、
今回の『花音』はどのような作品へと昇華するのか、
それを間近で見て、感じることができ、幸せです。


◇今日の明神語録 『ごめん、女の子みたいだけど』

主演のみょんふぁさんへの演出で、
明神さんが、

「ごめん」

と、謝ってから、

「女の子みたいだけど」

と、動きのリクエストをしていました。
これ、実は不思議な言いようです。
みょんふぁさんへの演出で「女の子みたい」にするのは、
おかしいことではないような気がします。

しかし、明神さんは謝りました。
ここからは、私個人の勝手な見解ですが、
『花音』は性別を超える瞬間が見受けられるからです。

井上幸太郎さん演じる「男」は、
性別としての男の代表であり、
そして母性を受けとめる子どもの代表でもあり、
ときには、敵の象徴でもあります。

みょんふぁさん演じる「女」は、
もちろん性別としての女の代表でもありますし、
母であり、女神であり、被害者にもなります。

見る人によって、
二人の関係と存在は、千差万別なのです。

だからこそ、
明神さんは限定的な言葉を使って動作を演出することは、
無意識のうちだと思いますが、すくないです。

なので、

「ごめん」

です。

他に言いようがないから先に謝ったような気がします。


―――――
作品詳細・タイムスケジュール→
予約はこちらから→

クラウドファンディングをおこなっています。
今回、韓国はソウルでも公演がおこなわれる『花音』。
3000円から支援できますので、応援のほうをお願いいたします。
名作:二人芝居『花音 -カノン- 』海を渡り、韓国公演へ!
―――――

それでは、また明日♪
拍手・コメント・シェア大歓迎です!


演出助手・海老原邦希
スポンサーサイト
  1. 2017/11/14(火) 01:12:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『花音2017』稽古11/14 | ホーム | 『花音2017』稽古11/12>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/298-6d1fc45d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。