FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

『花音2017』稽古11/8

本格的な立ち稽古に入ってから今日で三日です。
もっと長いあいだ稽古をしているような感じがしています。

20171108_182550-min.jpg 

と、いうのも、
座組の方々がずっと前から一緒に活動をしていたような空気感があるからです。

さて、今日も「空気かき」で空気を動かすところから始まりました。
これをすると、稽古場がしっかりと稽古場になります。
ぴりり。と、した空気に背筋が伸びます。

昨日に引き続き、今日も動きの試行錯誤です。
作・演出の明神さんは、

「場を立体的にみせる」

と、いうことを意識しています。
二人芝居なので、どうしても平面的になってしまう部分が出てきます。
それを客観的な目線ですくなくしていきます。

感覚も大事ですが、
お客さんが見て「おもしろい!」と思う客観性も大事ですね。
このバランスがとれたときに、はっと驚くような場面が完成するのだと思います。

20171108_195459.jpg 

さて、今日の休憩には柿が登場しました。
やはり旬のものを食べると身体が喜びます。
私も知人から頂いているので、明日持っていこうと画策中。

20171108_200645.jpg 

また、稽古の合間には韓国語が得意なみょんふぁさんから、
韓国語についてちょっとだけレクチャーしてもらいました。

今回の『花音』は、東京・下北沢での公演後すぐ、
韓国はソウルでの公演も控えています。

みんなで興味津々で話をきいていました。

日本語の「三角関係」は、
ほとんど同じ音で、韓国でも「三角関係」の意味があるそうです。
それは、韓国語の中にもルーツに漢字が含まれているからということで、

なるほどっ! 

と、字幕担当としては膝を打ってしまいました。


◇今日の明神語録 『ちいさな声で、メルヘンに』

素敵な表現でした。
ある場面で、演出の明神さんが声の音量について言及しました。

そこで言っていたのが、
人に耳を傾けてもらうためには、
大きな声を出すよりも、小さな声のほうがいい。
と、いうことです。

たしかに、

「おーい! きいてくれ!」

と、言われるよりも、

「あのさ……前にこういうことがあって……」

と、こそこそと言われたほうが、
耳を傾けたくなります。

劇場で、小さな声がきこえてきたら、
「なにを言っているんだろう?」
と、すこしだけ通常よりも耳を傾けたくなるものです。

小さな声がきこえてきて……
お客さんが耳を傾けている空間は……

想像してみると、メルヘンですね。



―――――
作品詳細・タイムスケジュール→
予約はこちらから→

クラウドファンディングをおこなっています。
今回、韓国はソウルでも公演がおこなわれる『花音』。
3000円から支援できますので、応援のほうをお願いいたします。
名作:二人芝居『花音 -カノン- 』海を渡り、韓国公演へ!
―――――

それでは、また明日♪
拍手・コメント・シェア大歓迎です!


演出助手・海老原邦希
スポンサーサイト
  1. 2017/11/09(木) 00:59:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『花音2017』稽古11/9 | ホーム | 『花音2017』稽古11/7>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/294-4d33c80e