FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『花音2017』稽古11/4

今日は、貰い物をしました。
いまの季節にぴったりな、柿と梨です。
旬なものを食べると、体に良いってよく言われますよね。

柿と梨 

たくさん貰ったので、お隣さんにおすそ分けしました。
本当は稽古場までもっていきたいのですが、さすがに包丁が必要なものは駄目ですね。

人から得たエネルギーは、自分のところで止めてしまうと循環しません。
しっかりと、得た分を他の人にも流すようにしたいものです。

そこで思い出しました。
初日の身体稽古で作・演出の明神さんが言っていました。

「身体の中を水が流れるように……」

と。

これも、エネルギーを止めずに流すことが大事だということ。
さらに、

「丸を感じて」

とも。
これも端がない丸をイメージすることで、
エネルギーを止めないようにするということです。

おもしろかったのは、
韓国舞踊に詳しい主演のみょんふぁさんが、
韓国舞踊でも、「丸」を意識するのは同じだと言ったことです。

アジアに共通することなのか、この「丸」と「流れ」。
明神さんが言わんとすることを、みょんふぁさんはすぐに理解し、
体現できてしまうのです。

写真は、以前に行われた『花音』公演の様子ですが、

花音 伊勢神宮外宮・勾玉池奉納舞台 
@伊勢神宮・勾玉池奉納舞台 出演:鶴田真由 井上幸太郎


まさしく、水の上です。
流れや空間を大事にした『花音』にはぴったりですね。
さらに知りたい方は、ルートカルチャーのホームページで見られます→

今回、日本だけでなく韓国はソウルでの公演もあります。
『花音』で大事な「流れ」や「丸」といった、エネルギーを止めない身体表現。
その表現が、どのように受け入れられるのか楽しみです。


◇今日の明神語録 『男女のバランス・力のバランス』

『花音』は、短いいくつもの話が積み重なっていく作品です。
登場人物は男女のみ。

それも、性別を超える瞬間もあり、
一概に男女だと区別することも難しいです。

個々の話で、男女の関係は変化し、
ときに男が強く、女が弱くなります。

逆に、女が男を翻弄する瞬間もあり、
力のバランスが変容していくのも特徴です。

出演者は二人ですが、何人もの男女と出会うことになりそうです。


―――――
作品詳細・タイムスケジュール→
予約はこちらから→

クラウドファンディングをおこなっています。
今回、韓国はソウルでも公演がおこなわれる『花音』。
3000円から支援できますので、応援のほうをお願いいたします。
名作:二人芝居『花音 -カノン- 』海を渡り、韓国公演へ!
―――――

それでは、また明日♪
拍手・コメント・シェア大歓迎です!


演出助手・海老原邦希
スポンサーサイト
  1. 2017/11/05(日) 23:16:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『花音2017』稽古11/6 | ホーム | 『花音2017』稽古11/3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/291-53048696
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。