FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『花音2017』稽古11/1

ほんとつい最近に引っ越しをしました。
まだ、引っ越してから一週間も経っていません。

住んでいたアパートの建て壊しが決まり、立ち退かないといけなくなったのです。
7年ほど住んで慣れしたんだアパートを出て、新しい土地へ。
まだまだ駅から家までの道のりで迷子になりそうです。

そんな私は、今回ポかリン記憶舎二人芝居『花音』で、
演出助手を務めさせていただくことになった海老原邦希です。
短い間ではありますが、稽古場日誌をつけていきたいと思っています。

さて、11月1日が初日稽古となりました。
流れとしては、初日らいしもので、

東京公演で使用する劇場の確認 
稽古場に移動してポかメソッドを少々
台本の読み合わせ
顔合わせ飲み会

STAR DUST下見 

下見をしたときに、全員で写真を撮りました。
右から、明神慈さん、みょんふぁさん、井上幸太郎さん、海老原邦希。

今回の『花音』ですが、
2013~15年まで、鎌倉のルートカルチャー主催で、
鎌倉~伊勢~別府~滋賀~益子~鎌倉と旅をしていく過程で作られた作品です。

そんな歴史ある『花音』が、今回東京で公演を行います。
ソウルの二人芝居フェスティバルに招聘されたこともあり、
まさに新生『花音』といった感じですね。

初読み合わせでは、井上幸太郎さんとみょんふぁさんの連なる声が、
新しい『花音』が素晴らしいものになる予感をさせていました。

20171101花音稽古1 

作・演出の明神慈さんは『花音』を音楽劇だと表現します。
二人の言葉が連なり、それが心地よいリズムを生み出す。
気付いたときには、感じたことのない時間軸に身を置いているはずです。

『花音』は『canon』と読みます。

カノンは、音楽用語で同じ旋律を異なる時点から開始する曲を指します。
有名な曲で言えば、パッヘルベルのカノンです。



同じ旋律が異なる場所からスタートする。
そしてだんだんと新しい旋律が生まれていきます。
今回の『花音』もまさにそんな感じです。

ことば遊びを繰り返しながら、
新しいどこかへと連れていかれる作品になっています。

私も、新しい土地で毎日を繰り返すことになります。
繰り返し、繰り返し、繰り返し、
そして新しいなにかが生まれていくのでしょう。
一日一日に大きな変化はなくても、行きつく先は始めとはまったく違う場所。

『花音』も、何度も繰り返し上演される運命にある作品です。
そしてどんどんと新しくなり、進化していく作品です。

ぜひとも、客席に座り、
耳で聴き、目で観て、肌で触れて欲しいです。



◇今日の明神語録 『足音のない天使のような』

天使という言葉はとくに強調されていました。
人ならざるものが、人の姿をして地にいる感じを表現したいとのこと。
これからの稽古でどんどん主演のお二人が、天使になるのを目の当たりにできそうです。

―――――
作品詳細・タイムスケジュール→
予約はこちらから→

クラウドファンディングをおこなっています。
今回、韓国はソウルでも公演がおこなわれる『花音』。
3000円から支援できますので、応援のほうをお願いいたします。
名作:二人芝居『花音 -カノン- 』海を渡り、韓国公演へ!
―――――

それでは、また明日♪
稽古は6日までありませんが、稽古日誌は毎日つけていきたいと思います。
拍手・コメント・シェア大歓迎です!


演出助手・海老原邦希
スポンサーサイト
  1. 2017/11/02(木) 13:00:00|
  2. 二人芝居『花音』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『花音2017』稽古11/2 | ホーム | みょんふぁさん出演!『消滅寸前』観劇>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/288-df089ba3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。