FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

『宙の色』4/12稽古


本番まで稽古日数は、あと4日。

俳優陣は連日の飲みにもかかわらず、活き活きとアップしている。




まずは、川田さんと僕ペア。

川田さんは、

『ペタペタ歩かないで腰から歩く』

『中丹田(みぞおち)で止まっている声を下丹田(ヘソ下)まで落として』

僕は、

『キャラが濃すぎるところは、ほんのりとかもし出すように』

など、意識するところが違う。



途中から中島さん、笠井さんと一緒に動線をつくっていく。

僕と川田さん、二人のキャラクターは全く違うので、

他の出演者の動きも自然と変わってくる。

演じる人により、その場のお芝居が変わる。

毎回違う変化が起こってくるのが、生のお芝居の面白いところだ。




その後は、そうさん、笠井さん、昭子さんのラストシーンを。

R0012252.jpg

台本の変更点を、簡単に動きをつけながら読み合わせる。

昭子さんは、先日購入したスマートフォンで確認しながら。

セリフの流れがスッキリとし、動きもうまくつながった。





休憩時間は、各自思い思いに過ごす。

明神さんと昭子さんと笠井さんは、稽古場の近くにあるうどん屋へ。

川田さんと僕は、仮眠。

そうさんと髭さんは、youtubeで音楽を聞いている。

二人が、急に笑い出したので一緒に聞いてみると、

みうらじゅんさんのラップだった。

仲睦まじい二人の大きな背中が、なんとも言えない感じだった。




スラさんが到着し、夜の稽古開始。

R0012320.jpg

関わる登場人物が短い時間で、何度か入れ替わるシーンで渋滞が発生。

細かく割って、その都度話し合うも

新しい問題が起こったりで中々進まない。

徐々にスラさん、笠井さん、中島さんのわんぱくスイッチが入り、お祭り状態に。



R0012327.jpg

そうさんが、

『昭子さんの入るタイミングを遅らせてみては?』

と提案。

今までの渋滞が嘘のようにスイスイ流れ、空間の特性を生かしたシーンになった。

答えは、以外とシンプルなところに隠れていたりする。



今日は全体的に、水が少しずつ地面を這うようにジワジワと進んでいった。

その水の通り道は「宙の色」を映せるよう、川になってきている。



明日は、4度目の通し稽古。

衣装・小道具など、すべてを揃えて行う予定。

まだ時間はある。ここからどれだけ物語を膨らませていけるか。



☆☆みょうじん語録☆☆

『一瞬、命と命が対峙する時間がほしい』

器と向き合うシーンで。

一瞬その時間を入れることで、器と人物ともに、存在が強調される。

髭さんの大きな身体から出るエネルギーが、

スーッと器に向かって一点に集まるようになる。

パキッという小さな緊張感が器と人との間に生まれた。




『目線を上から下にぐぅーっと下げて、下丹田にウゴォと落とし込む』

セリフが上ずって出ていた川田さんへの一言。

目線と共に、声も下へ抑えられ、身体の中に反響しながら

外に伝わる音に変化。

下半身から出る声は、聴き手にもドッシリと届く。



それでまた明日。


池内風


スポンサーサイト
  1. 2012/04/13(金) 15:08:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『宙の色』4/13稽古 | ホーム | 『宙の色』4/11稽古>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/249-82cf00de