FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

『宙の色』4/9稽古

昨日と打って変わり、暖かい一日だった。

散り始めた桜並木を眺めながら稽古場へ。

月曜になってもお花見モードは続いている。




今日もお昼は、各シーンの抜き稽古。

昨日に引き続き演出助手ペアから。

二人のキーポイントは、『熱量』。

川田さんは、内に隠れるエネルギーを大きく外に出すことに。

僕は、外に出すぎるエネルギーを内側に溜め込むことを意識している。

正反対のアプローチ。

お互い役を交代しながら試行錯誤し、役割にあったキャラを濃くしている。




その後は、そうさん笠井さんペア。

始める前に、そうさんの提案で、

『物語全体のメッセージ』について濃厚な話し合いを。

そうさんは、物語のバランスや役の人物像などを客観視し、

シーンの伝わり方を冷静に分析する俳優さん。

明神さんが描きたい世界を、登場人物やシーンに沿って丁寧に伝え、

そうさんが観る・観せる両方の目線で思いを伝える。

この二人の熱のある話し合いは、一時間ほど繰り広げられた。



作品の根底を共有した後、立ち稽古へ。

R0011991.jpg

それぞれ歩んできた歴史が、二人の立ち姿から伝わるような、

深みのあるシーンにガラリと変化した。

静かで穏やかだけど、ハラハラしてキュンとなるような。

笠井さんもそうさんも進む方向が定まり、晴れ晴れとした表情になった。





休憩後、全体稽古へ。

今日は、作曲家の木並和彦さんが稽古場に来てくれたため、

通し稽古をすることに。

R0012035.jpg

前回の通しとは比べ物にならないほど、

物語全体のコントラストが、はっきり見えてきている。

一歩一歩の積み重ねで、

単色だった森が、色とりどりの鮮やかな森に変化を遂げていた。

修正箇所が明確になり、これからもっともっと濃くしていけそう。

さらに、小西さんの器が並べられた状態を想像するだけでもワクワクする。

「間が生きてくるといいね。」と木並さん。

ポかリン記憶舎といえば「間」=「魔」の時間。

「これから間を創る作業に入ります。」と明神さん。


R0012081.jpg

通し後、木並さんがスピーカーの位置と音響の説明をしてくれた。

話に聞き入るメンバー。

この写真は、今回の稽古で流行っているコテコテポーズ。

木並さんもノリノリ。


R0012027.jpg

木並さんが持ってきてくれた『桜紋のゴーフレット』

程よい甘さが後を引き、みんな密かに何枚か持ち帰る。

ごちそうさまでした。




☆☆みょうじん語録☆☆

『うにょ、うにょっと吸ってピッ!』

そうさんと笠井さんのシーンの振り返り中の一言。

恥ずかしさを隠すときの姿勢について。

笠井さんは、油断していたネコが何かを察知し、

背筋がピッとなった後、すっと何事もなかったように変化。

長島監督のような擬音語のみの指示出し。



『お腹ポコポコ旅行で』

髭さんと中島さんのシーンの振り返り中の一言。

セリフの繋ぎが途切れるシーンに身体言語を投入。

これにより、髭さんの表情は自然と柔らかくなり、

身体でリズムを取りながら、しっかり間を埋めていた。

がっしりした男性が、ポンポコお腹を叩きながら

楽しんでいる姿がとってもキュートでだった。





それではまた明日。

池内風



スポンサーサイト
  1. 2012/04/11(水) 15:26:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『宙の色』4/10稽古 | ホーム | 『宙の色』4/8稽古>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/243-c0c6c59c