FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

『WæNDERING』公演二日め11/26

というわけで公演も二日めを迎えましたが、
まだ本番ちょくぜんにも稽古。
なんといったって、ワンダリング続けているので!


ケータリングのところに、
ふとみたらこんなものが。
ジュニョンさんのところに送られてきた、
本場韓国のキムチ!


キムチ


ちょう辛いの、
「日本のキムチは甘い」というの、納得。
辛味とうまみがしっかりあって、
さすが、おいしかったー。
しかし、後ほどこのキムチのにおいが
楽屋に充満、さらに
会場にも流れこんできてしまったので、
本番まえに換気&消臭、といって
ちょっとしたキムチ騒動に

しかしまたたべたい

それでこっちは、
昨日入った屋台のおばさんから
なぜだかもらっちゃった、ゆず!


ゆず


これは万能でなんでも入れておいしい。
ぼくはカップそばのスープに入れてみたら
それだけでなんだか上品なあじわいに。
ちなみに、この皮を霧吹きにいれて
「ゆずの香りでキムチを消臭」作戦を敢行したものの、
やはり本番のときまで香りはもたなかった…


本番まえ


本番は、やはり初日とはちがって
より安定感のでたところもあったり、
さてそのなかでどうやっていこうかといったところ。
お客さんの反応もさまざまだし、
やはり雰囲気は毎回ちがう。

それでも、毎回お客さんは、
ほんとうに、ちゃんと見ていてくれている。
正直いって、静謐なムードもあるし、照明もくらいし、
寝ちゃうお客さんもけっこういるかもなと思っていたけど、
じっさいみてみたらそうでもない、
食い入るようにみてくれている感じもあるし、
それぞれに驚きをもって楽しんでくれているよう。
こういう雰囲気はとてもうれしくなる


夜の公演の前に、
駐車場でかまきりを発見。


かまきり対カエル


かえる対かまきり。
意外とかまきりはかえるに怯えて逃げる。


カマキリの空


夕空に映えるかまきり。
これは衣装の工藤さんね。

さすがにちょっとつめたい風がふく、
それでも、かまきりよ、生きろよ、と
植え込みに逃がし、
かまきりのパワーをもらったので
我々は自信をもって夜の公演にのぞむ


夜の公演後には、
韓国の演出家、キム・ガンボ氏がアフタートークに。
いろんな町で演劇が社会に関わっていくこと、
日本や韓国のそれぞれの演劇的な状況などを
舞台上をあるきまわりながら
(それが今回のトークのスタイルらしい)
おふたりで話し合っていましたが、
歩きまわるトークとははじめて見た。
固くなってしまいがちなトークの雰囲気が、
なんだかそれだけでなごむし、
そのぶん話もスムーズに進むよう。
歩きまわることの効果ってのはやっぱりすごい


その後、みなさんとキム・ガンボ氏を囲んで
例のたたきのおいしい「藤のや」へ
やはりここの料理はブレない…
キム氏にも好評でした。


日付のかわるころホテルに戻り、
さて明日はもう最終日。
ワンダリングが今回どこまでいったのか、
それがいったん落ち着くのは、ようやっと明日
楽しみだけどさみしくもある



今日の反省:
だんだん本番中でもリラックスしてきたんだけど、
なんだかリラックスしすぎて、
気づくと変なかっこうでみてるの、
ふとして恥ずかしくなるからやめたい


演出助手・カゲヤマ気象台


スポンサーサイト
  1. 2011/11/27(日) 00:51:34|
  2. WæNDERING
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『WæNDERING』最終日11/27 | ホーム | 『WæNDERING』公演初日11/25>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/208-e247fa2a