FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『WæNDERING』11/23

舞台もできあがってきて、
いよいよ会場での稽古。
照明や仕掛けも入って、
イメージとのすり合わせ、調整の作業。


のれん



やはり稽古場では成立していたところが
成立しなくなってしまったり、
逆に、稽古ではぜったい思いつかなかった
遊びがはじまったり。
今日いちにちで、頭から順番に整えていく。


はしご



調整できたところで、だいたい
全体の半分くらい。
これから、まだ大きく変更していくところもある。
明日いちにちが勝負。
それだから、全体像がどこまでなるだか
たぶん本番になるまで、誰もわからない。
その現場に、大勢のひとに
ぜひ居合わせてもらいたいものです。


膝まくら


膝枕の連鎖


やっぱり、舞台が組み上がると
空間の感覚がぜんぜんちがう、大きさは
たしかにこの一週間、実寸でやっていたけど
光や装置による、高低の落差、みたいなものは
やっぱり想像よりずっと大きいスケールになっていて、
きっと、この空間に入っただけで、
お客さんもワクワクしてくるはず。
それだから、遊ぶための「場」として
この空間が与えられたのだ、っていうのは
とても説得力をもってきているし、
ここからならどこまでもいける! 感ていうのは、ある。
複数の要素があいまって、ようやっと
「遊ぶ」っていうことが、ここにきて
できてきたような感じがあるし、
そのことは明神さん本人も実感していた。
たぶん、「楽しさ」みたいのじたいが、
なんだか、初めてほんとうに感じられたかもしれない! という
そんなところのものが、あるわけで、
だから、明日、この「遊び」が
どういうふうに展開して、どこに収斂していくのか、
最後の稽古なので、いよいよ。


水




★みょうじん語録



「それぞれのパーソナリティがでてなかったぶぶんを、ここで出していきたい」


今回のパフォーマンスは、いっけん
よくわからない無機物か生物だかわからないようなところがあるけれど、
パーソナリティは必要、ではある。
というのも、たとえばあるパターンを
色々に変奏しながら繰り返したい、とか
あるひとつの対象に対して、
色んな視点をもたせて立体化させたい、とか
そういったばあいに、
いちいちを俳優に指示し、全体を
組み立てるように構成していくよりは、
それぞれに「パーソナリティ」というシステムを与え、
自発的にその多様性を構築させたほうが、はるかに楽だし
矛盾も発生しにくい。なぜかといえば
そこでとられるような「パーソナリティ」は誰もが納得できるものだからだ。
いっけん、「パーソナリティ」を与えるというのは
それだけの「自由」を与えるというふうな
印象があるかもしれないけれど、
じつはかなり合理的なシステムである、
とぼく個人は勝手におもっている。
でも、そのシステムは、冷たくはない。


今日の反省:
そろそろ野菜ジュースに頼ろうかという
なんだかそれがじぶんの弱い心のようにおもえて


演出助手・カゲヤマ気象台
スポンサーサイト
  1. 2011/11/23(水) 22:34:49|
  2. WæNDERING
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『WæNDERING』11/24 | ホーム | 『WæNDERING』11/22>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pocarine.blog17.fc2.com/tb.php/205-192a6463
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。