FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

9/7(日)リーディング公演『アイスクリン』


残暑が厳しい毎日、いかがお過ごしですか。
私は、今年に入って毎月高知に帰省しています。
なので、心身共にすこぶる調子がよいです。

9/7(日)19時から、多目的ホール「蛸蔵」で
リーディング公演を行うことになりました。

タイトルは『アイスクリン』。
パラソルの下の小さな楽園で、母と娘の壮絶なバトルが繰り広げられます。

初演は2003年、東京のこまばアゴラ劇場にて。
華のある女優対決が、話題になりました。

生きるために、避難場所に籠っている娘と、生きてゆくために、
まっとうな道へ引き戻そうとする母との食い違いが見所です。
再演にあたり、台本に加筆・修正を加えました。

いつか、高知で上演したいと願い続けて十余年。
今回は朗読劇という形ですが、テンポのよい対話劇を間近で体感していただきたいです。

母役には桜井昭子、娘役には中島美紀。両人が再演に挑みます。
ト書きは劇団サンプルの古屋隆太が勤めます。
若い恋人役は、高知から二人の俳優が出演します。
ラテン系東京っ子と土佐っ子のコラボレーションをお楽しみください。

終演後のシアタートークでは、シアターTACOGURAの演出家、藤岡武洋氏と明神が語ります。

お席は70席です。
お早めのご予約をお勧めします。

ぜひご家族、お友達を誘っていらしてください。
また、周りの方々に「こんな公演があるよ」と宣伝していただけると嬉しいです。

では、川沿いの蛸蔵でお目にかかれるのを楽しみにしています。

ポかリン記憶舎・明神 慈

(稽古場日誌は8月末開始です。お楽しみに。。。)


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



2014 9/7(日)19:00
ポかリン記憶舎 リーディング公演 @蛸蔵
『アイスクリン』

青い海。母と娘。防波堤の向こうに、津波の予感。

2003年7月に東京・こまばアゴラ劇場で初演。
母と娘の壮絶なバトルが話題になりました。
高知出身の明神が、地元での再演を願い続けて十余年。
初演の女優陣が再びタッグを組んで臨みます。
若い恋人役には、地元から俳優二人が出演します。
俳優たちの熱い吐息を、間近でお楽しみください。


出演 中島美紀 桜井昭子 古屋隆太 他

作・演出 明神 慈
音楽 木並和彦
照明 木藤 歩
フライヤーデザイン 松本賭至
企画・制作 西村和洋
協力 シアターTACOGURA/NPO法人蛸蔵 演会

チケット
前売り:1800円
当日:2000円
学割(高校生以下):1500円
シルバー割(65歳以上):1500円
TACOGURA割:シアターTACOGURA公演の半券提示で300円引き

受付・開場:開演の30分前
上演時間:45分(予定)
     終演後、シアタートーク有り(ゲスト:藤岡武洋)
※会場・演出の都合により、開演後の入場をお断りします。
 6歳以下のお子様の入場はご遠慮願います。

メール予約:ticket@pocarine.org
      (氏名・枚数・電話番号・メールアドレス)
お問合せ・電話予約:090-7622-3502(西村)

会場名:多目的ホール「蛸蔵」(アートゾーン藁工倉庫内)
住所:高知市南金田28
   土佐電鉄「宝永町」電停下車徒歩約8分
   ※駐車場は数が限られています。
    公共交通機関や乗り合わせをご検討ください。

地図:http://warakoh.com/access

ポかリン記憶舎 http://www.pocarine.org/


<補足>駐車場について
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
アートゾーン藁工倉庫には駐車場がございます。藁工倉庫北の細い路地沿いにあります。高知I.C方面から南下し、アートゾーン藁工倉庫すぐ手前を左折します。非常に狭い路地のため、ご注意下さい。ただし、台数が約20台と少ないため、お客様がお停めいただけない場合もあります。有料ではありますが、近隣(高知県高知市北本町4丁目4-35)に駐車場ができました。そちらもご利用ください。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
スポンサーサイト
  1. 2014/08/11(月) 19:54:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0