FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソウル観光写真3

明神です。

雨と黄砂で視界が悪かったので、国立中央博物館へ。
世界6位の大きさ。
3日間に分けてゆっくりまわりたいところを6時間で一気に!
原始時代から現在まで、アジア諸国の文化とも比較できて
なかなかよかったです。

PICT5154.jpg

入り口の右側には大きな池。


PICT5153.jpg

階段で遊ぶ子供たち。
風が強くて冷たい~。


次の日は晴れたので、ソウルの森へ。

PICT5155.jpg

運動施設、文化施設が合体。
光が丘公園をもっと豊かにした感じ。
休日ということもあり、家族連れや、恋人たちがのんびり憩ってました。


PICT5164.jpg

自転車を借りてっと。
パスポート預けるのはドキドキしますね。
外国人って、そういう立場なのね。。。
自転車乗るの、一ヶ月半ぶり!


PICT5162.jpg

鹿がいっぱい。
走ってました。
乗馬クラブもあるし、兎小屋もあります。


PICT5157.jpg

漢江に沿ってサイクリング!
河風に押されてすいすい~~。


PICT5168.jpg

野外彫刻もあちこちに。
先頭の騎手には勝利のほほえみが。


PICT5166.jpg

凧揚げをする若者、それを見上げているハラボジ(おじいさん)。
他の樹に、凧がひっかかって、ふ~わふわ。

休戦中の韓国。
平和であることに、じゅわ~~んとくる午後でした。


夕方からは三清宮(サムチョンドン)へ。
伝統家屋を改装したカフェやアクセサリーショップがいっぱい。

PICT5172.jpg

通訳のミヘン氏が連れてってくれた右のオーガニック定食屋さん。
こんなビピンパプ、食べたことない!
手作りチーズやお漬け物にも感激!
次の日も行っちゃいました。

PICT5170.jpg

カフェで女子トーク。
コーヒーのおかわりをサービスしてくれました。
コマッスミダ~。


PICT5175.jpg

帰国日の午前中、近所の雲峴宮(ウニョングン)へ。
梅が咲き始めました~。

PICT5177.jpg

真ん中の煙突はオンドル(床暖房)の煙を逃がすため。

一週間の観光も、一ヶ月半のソウル滞在もあっという間でした。
次回は地方にも足を伸ばしたいな。
またみなさんに報告できる日を楽しみにしてます。

スポンサーサイト
  1. 2010/03/24(水) 19:02:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソウル観光写真2

明神です。

ここからはひとり旅の画像です。
王宮の数々をお楽しみ下さい。


PICT5133.jpg

住まいの近く、昌徳宮(チャンドックン)へ。
仁政門の広場。
真ん中の少し高い道は王様しか歩けません。
左右の石には、位準に並ぶ名称が刻まれてます。
右が文官。左が武官。


PICT5134.jpg

やっと梅のつぼみがふくらみ始めました。
王宮内は起伏があって、林の中を歩いたり、楽しめました。
緑たっぷりの頃にまた訪問したいな。


PICT5097.jpg

昌慶宮(チャンギョングン)の前、いつも歩いてました。
お妃様の宮殿です。
屋根の四方を守っているのは、三蔵法師や孫悟空などなど。
こちらは平らでおだやか。
植民地時代、日本政府が王朝の力を押さえるため
遊園地や公園にしたんだけど、終戦後、王宮に戻されました。

PICT5136.jpg

日時計。


PICT5138.jpg


昌慶宮と宋廟(チョンミョウ)はつながっていましたが
日本政府がその真ん中に道を造りました。
分断されたのです。
私はこの道を毎日歩いて大学路(テハンノ)に通いました。
今は、橋がかかっています。
ずっと私はこの橋を渡るのを心の支えにして、稽古場に向かっていました。
橋の上からその道を眺めて。。。


PICT5137.jpg

橋を渡るときは一歩一歩ゆっくりと。
左側が昌慶宮。


PICT5139.jpg

宋廟は王や王妃の位牌を祀っているところ。この奥です。


PICT5140.jpg

横長です。
おだやかな午後。。。


PICT5145.jpg

こちらは景福宮の興礼門です。
10~16時まで王宮守門将がびしっと立ってます。
交代式までは動かない。。。


PICT5146.jpg

勤政殿前の広場。
ひひひひひ広~~い。
景福宮は秀吉が攻めてきて全壊、植民地時代に9割壊されました。
今、あちこち復元工事中。


PICT5148.jpg

香遠亭。
北に山があり、風水学からも最高の立地。
このさらにずっとずっと北の門の外には
李明博大統領が住む青瓦台(大統領官邸)。
かつてはそこまで宮殿だったそうな。


PICT5151.jpg

おまけ。
国立民族博物館の十二支石像。
韓国では猪は豚。
富の象徴で縁起いい~。


  1. 2010/03/24(水) 17:52:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソウル観光写真1

明神です。
帰国して、和食のおいしさに感動したりのこの頃です。
お待たせしました。
ソウル観光の画像をご紹介しますね。

ご覧下さい~。

明神のソウル滞在日記はこちらからどうぞ。
主に食べ物のことばかりです。
http://myojinyasu.blog97.fc2.com/


楽日の翌日、俳優陣みんなと観光予定でしたが、皆、ダウン。
ハナ氏の運転、カンフン氏の通訳で観光。
私と中島はとっても元気。ミジャ氏はややお疲れ。


PICT5118.jpg

いきなりですが、土俗村のサムゲタンです。
ととととと溶ける~。
朝鮮人参のお酒もぐいぐいと。


PICT5119.jpg

ヨイドで遊覧船に乗りたいと中島。
しか~し、5分前に遊覧船は出航。
左の船がそれでした。。。
チュアヨ~~!(さささささ寒い~)
次の予定地、南山タワーへ。

PICT5123.jpg


ケーブルカーからの景色があまりにもすばらしかったので、胸に記憶。
日本人も、カップルもいっぱい。
真下から見上げるとこんな。
カフェで夜景を満喫。。。


PICT5130.jpg

南大門(ナンデモン)の市場へ。
夜中から開くので、まだ閉まってる店がほとんど。
眠らない街~。

PICT5126.jpg

キム(のり)のお店もいっぱい。
もちろん、買いました。

案内してくれた二人に感謝。
私は今日から一週間観光。王宮や博物館巡りをする予定。


  1. 2010/03/24(水) 16:33:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国アルコ劇場ツアー 成田空港発のみなさま

こんにちは。小杉です。
このたび、韓国アルコ劇場ツアーにて案内役を務めさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします!

ツアーは南山パークホテルでの集合となります。
ここで、成田空港から出発までの手順をご紹介しますね。

成田空港まで、日暮里駅から京成線に乗って行きます。
この他にも、リムジンバス(東京空港交通03-3665-7220)や、
成田エクスプレス(JR)、京成スカイライナーなどの交通手段があります。

↓ 京成線にてご案内します。

日暮里駅

JR日暮里駅で下車。京成線への乗り換え口は、この真っ青な階段が目印。
この階段を上り、矢印をたどっていくと京成線乗り換え口です。
成田空港駅へは、ここから約1時間10分(1000円)。スカイライナーだと、約55分(1920円)。
    
京成線ホーム
    
改札を通り、エスカレーターを上るとホーム。明る~い。
右が京成線、左がスカイライナーのホームです。お間違えのないよう。
ご覧の通り、京成線の方が混みます。

京成線 車両

京成線はこんな色。写真で見たソウルの地下鉄4号線と似てる・・・
終点 成田空港駅に到着。第一ターミナルご利用の方はここで下車。
全日本空輸(ANA,NH)、大韓航空(KAL,KE)、アシアナ航空(AAR,OZ)はこちらです。
お荷物、大変そう。

成田空港駅 改札

こちらが改札。ここを出ると奥に見える窓口で手荷物検査があります。
パスポートを提示しましょう。
ここを通過したら、右が出発ロビーです。
奥にあるエスカレーターで上へ。

成田空港駅 エスカレーター

上へあがると、さらにエスカレーターが。
ここからグルグル4階まで上ります。

第一ターミナル ロビー

上りきったら、どど~んと広いところに出ます。出発ロビーです。
手前の皆さんの視線の先にあるものは・・・・

成田011小

チェックインカウンターの案内板です。
利用する航空会社とカウンターを確認。表示のアルファベットのカウンターへ行き、搭乗券を受け取ります。

成田013小

搭乗券を受け取り、荷物を預けたら(預けられるのは20kgまで)出発口へ。
人が並んでます。
出発口の奥で、手荷物検査(持ち込める荷物は10kgまで)とボディチェックをしています。
カッターやナイフも持ち込めません。ご注意を。
 
さて、つづいて第二ターミナルへも行ってみましょう。

成田018小

成田空港駅のひとつ手前、空港第2ビル駅で降ります。
日本航空(JAL,JL)はこちら。
この改札を出たら、左へ。

するとこちらも、手荷物検査があります。パスポートを準備~
手荷物検査を通ったら、左へ。
エスカレーターで3階まで上ります。

成田023小

3階に到着。広~い。出発ロビーです。

成田024小

通路を出るとすぐに案内板がありました。
航空会社とカウンターを確認。
 
成田025小

チェックインを済ませたら出発口へ。    
こちらも、並んでます。
    

今日は出発口へは入れないので、写真はありませんが、 
荷物検査・ボディチェックを終えたら、出国審査があります。
カウンターでパスポートと搭乗券を提示。
パスポートに出国のスタンプをペッタンしてもらい、搭乗口へ行きましょう。

そして、時間とゲートナンバーをよ~く確認して出発!

    
以上の手続きがあるので、2時間は余裕を持って空港に到着されることを
おすすめします。卒業旅行などで混雑する時期です・・・!    

韓国入国の前に機内で、韓国入国カードと税関申告書が配られますが、
このことについては、旅のしおりにてご紹介しますね。

成田からは約2時間40分で仁川空港に到着します。

仁川国際空港からソウル市内までは、
空港鉄道、リムジンバス、タクシーのいずれかでむかいます。
ツアーの方は現地係員の方が送迎してくれます。

空港鉄道A`REXは仁川空港と金浦空港をむすぶ電車で、
仁川空港からは、金浦空港で地下鉄5号線に乗り換えます。
仁川・金浦間は約33分(W3200~)。
リムジンバスは約1時間~1時間半(W9000~)。
タクシーも約1時間。一般タクシーでW34,000~W55,000くらいかかります。

そして、ソウルに到着し、ホテルにチェックイン。
13日、明洞でお会いしましょう~
    
    
日暮里から成田、成田からソウルへの行き方は以上です。
ソウルまでの旅路、どうぞお気をつけて。
現地でお会いできるのを楽しみにしています。
旅のしおりは近日中に郵送いたしますので、お待ちくださいまし。
今回ご来場できないみなさま、後日写真をご紹介しますので、どうぞお楽しみに!    
    

成田028小

おまけ。成田空港のデッキにて。
出発準備中の飛行機です。真ん中あたりに働いている人が。ちっちゃく見える~
 
  1. 2010/03/05(金) 23:58:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。