FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『垂る』稽古第4週目

★11/8(日) 世の中は休日か。。。

今日は着物率の高い日でした。
昭子さんはお茶のお稽古の帰り。
あっちゃんは短期間で軸を獲得するため、着物で通います。
台本稽古は少しずつ進んでいます。


PICTb4485.jpg
PICTa4493.jpg

「一本歯下駄立ち」
一本歯下駄で歩くのは簡単。
ずっと止まっていられるように。腰痛もなくなるそうです。
(画像、縦にできなくてすみません。。。)

PICTc4488.jpg

背が高くなってご機嫌の中島。モデル歩き~。


PICT4494.jpg
PICT4496.jpg

歌舞伎『金閣寺』の雪姫のように、桜の木に縛られて、
胸に花びらを浴びつつ悶えます。
胸を開いて、しっとり立ったり座ったり。
座ったまま、ふんわり左右の座骨に乗り移ります。
縛っているから、肩でバランスがとれなくなり、丹田に重心が移ります。


11/9(月) 空を見上げる余裕なかったな。。。

ENBUゼミの授業の後、稽古場へ。
30人の命と向き合った後なので、ホームグラウンドにほっとしました。
台本稽古はどんどん先に進みつつ、
今回の時空間と身体言語のバランスを探しています。


PICT4501.jpg
PICT4499.jpg
PICT4503.jpg

「見返り美人」歩く編
名前を呼ばれたら振り返ります。
頭、顎、首から振り返るのではなく、丹田から胴体ごと振り向きます。
息を吐きながら、振り向く方の肩の力を抜きます。
昭子さんの後ろ姿にうっとり。
振り返るとにっこり。


PICT4506.jpg

「見返り美人」座り編
椅子に座ると皆リラックス。
印象に残る振り返りを見つけます。


★11/10(火) 夜から雨になるって。

ENBUゼミ終了後、稽古場へダッシュ。
目の前で電車のドアが閉まったね。。。。
メソッド時間を短くして、台本稽古、進めてます。
台本稽古のときは、ジャージではなく、私服です。
みんなオシャレです。


PICT4512.jpg
PICT4510.jpg

「のれん」声出し編

身体のいろんなところを押します。
ふわっと押されて、ひゅるひゅるっと戻ってきます。
押された人は声を出します。


PICT4516.jpg

おまけ
マキマキが幸太郎さんを悶絶させる技をかけています。
それを観ている人々。


11/11(水) 雨雨雨 迷わず長靴を履く

今日は音響の荒木まやさんが見えました。
稽古場の一番端でそっと見守ってくれました。
「稽古場の空気がよい」と言って下さり、うれしかったです。


PICT4521.jpg
PICT4530.jpg

「やじろべえ」
抱き合って、互いの軸をひとつにします。
左右の足に乗って、無重力空間を味わいます。
マキマキ&中島チーム、今日の一番飛んだ大賞。

PICT4527.jpg

昭子さん&エイティは今日のぴったり大賞。


PICT4531.jpg

おまけ
マキマキにアンテナが生えていた。
ペンをしまうところがなかったそうな。
ぐっとくる~。


★11/12(木) 風が冷たいな。。。

ENBUゼミがちょっと押して、猛ダッシュで稽古場へ。
台本稽古は、俳優陣からインスピレーションを得て、書き足したりしてます。
皆、チャレンジャーでわくわくします。


PICT4535.jpg

「蜜かけ」
蜜やお酒、ソースなど、好きな液体を
つむじから指先、足、仙骨にかけてもらいます。
肩の力がぬけて、手が伸びます。


PICT4543.jpg

「眼つぶりダンス」
眼を閉じて部屋を一周し、出逢ったパートナーに丁寧に触れて
信頼関係が出来上がったら
体重をかけ合ったり、遊び、戦い、調和しながら旅をします。
以下は実況中継でどうぞ。

PICT4542.jpg

日下部とマキマキのペアに、昭子さんが横恋慕しています。
二人は逃げてゆきました。

PICT4550.jpg

互いに宇宙へ飛んでゆこうとする二人。

PICT4555.jpg

終わりのポーズ。
眼を開けてお互いにびっくり。
眼を閉じると大胆になれるのよね。。。


PICT4557.jpg

今日のおやつ
野根まんじゅう 昨日稽古場に遊びにくるはずだった友人からの差し入れ

明日は演助っこったちの着物着付け講習会。
目指せ!受付和服美女。








スポンサーサイト
  1. 2009/11/09(月) 00:39:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みょうじん語録2

台本稽古に入ったので、演助っこたちはプロンプや代役をしつつ
語録の記録にも余念がありません。


●小杉美也子

「空間をつれて歩く」

長い布を腰に巻き、お引きずりを作って歩くエクササイズでのアドバイス。
普段は見えない背後の空間を可視化することで、意識が行き渡るのです。
色とりどりの布を巻いた俳優の皆さんが歩き回ることで、
稽古場全体が七色に混ざり合ってしゃぼん玉の中みたいでした。。。


「二人の声が混ざるように」

確かに、夫婦やいいカップルの会話は、声がよく混ざり合ってます。
俳優さん同士、声をなじませ合う作業のあとは、より柔らかい音になっていました。
会話の内容ではなく、音で二人がうまくいっているかがわかると
街の中での盗み聞きも、ちょっと楽しくなりそうです。


「聞きたい相手の声を引き出す」

引き続き声について。
相手にドキッとする声を出されると、また聞きたくなりますよね。
なんとかその声を引き出すために、自分の声をなんとかする。
日常会話も音楽ですねぇ。
そういえば、よく明神さんはヒトの身体をチェロに例えます。
チェロのうしろ姿って、きれいな女性の背中みたいですものね。
音は男性の声に近いですし。体は楽器です。

↑ チェロを抱くように、太ももで挟む体勢もいいよね。。。
  ちょうどチェロが三本目の足になってる。(明神)


●橋本和加子

「ポヨ~ン」

稽古場では頻繁にこのような擬音語が使われます。フニャフニャだったり
プルプルだったり、身体を緩めるエクササイズの際によく使われています。
今回のポヨ~ンは椅子に座る~立つまでの間に鳴らすイメージです。
歩いてきて椅子に座り、上半身から下半身、足の裏を通って自分の
エネルギーがその場に満ちていくのを感じながらまた立ち上がって歩いていく。
この一連をつなぐ時にこの「ポヨ~ン」が登場するわけです。
その際に全部の動きが切れないようにします。
座っていても止まってない身体を手に入れたいですね。


「ニュートラルな顔」

花びらを唇で甘噛みした時の顔です。
これが人間のニュートラルな顔らしいのです、
これでガチガチになっちゃうのは残念ですね、
やんわりしたニュートラルな顔を目指したいものです。
一度鏡の前でやってみてはいかがでしょうか。


「愛されてる女」

は、首を見たらわかるそうです。首のしなやかさにそれが出るそうな。
愛されてる女の首もとを見分けられるようになりたい!


●由かほる

「リスのしっぽが生えている。」

明神さんのお尻からはリスのしっぽがぶわーって生えているそうです。
そう言われてみると確かにあぐらをかく明神さんの後ろ姿はきれいです。
いいおしりしてます。もはやリスにしか見えません。


「宝塚のレビューで孔雀のような羽をつけているけど、
 あの羽の揺れ方でその人の格が決まる。」

後ろ姿、奥が深いです。日本人の身体は薄っぺらいので
表裏二面のみのたい焼き芝居(なんのこっちゃ)をする人が多いそうです。
からだ中をきちんとエネルギーが循環する俳優さんは美しい。
歩く姿ひとつでわかるものなんですね。



●黒木絵美花

「歩き方にその人の生き方が現れる」

ジョーゼットの布を引きずって歩くエクササイズ。
目には見えないその人の持つ流れが布を伝って現れるというもの。
ちなみに今朝、私は電車を降りると前傾姿勢でせかせかと歩いていることに
気づきハッとし、意識的に仙骨から歩いてみたら、発見!
同じ速度なのに、気持ちに落ち着きと余裕がないとそんな歩き方が出来ないのです。
歩き方には精神状態が表れますね。生き方が表れるというのも納得です。


「指紋を意識して物にふれる」

これをやってみると、触れる物に対して優しい気持ちになります。
しかもそうやって触れられるとやわらかくて気持ちがよいのです。
同じ人の手でも全然違うのです。


●直原薫

「指先に銀河があるように」

足と手の指先を観察した後、歩いたり、いろんなものに触れたりする
エクササイズでの一言。
指先にここまで意識を向けてみるだけで
身体の感覚がいつもと違ってくるから面白いです。
指先に銀河・・・と思いいろんなものに触れてみると・・・
まるでピアニストになって鍵盤をたたくような感覚でした。


「(うなじから鎖骨にかけての部分が)愛されてる女の
 流れてる感じで。垂るなんで。」

そんな首や鎖骨を想像してみると何とも艶っぽいです。
実際に肩を上げ下げするだけで心持ちが随分違ってきます。
首をつめないでおろすと、ふっ・・・と気持ちもおりていくかんじです。
重力に逆らわず、その場に身体を自然に流してこそ
相手に安心して委ねる身体になれるのですね。


「いろんな音出して。
 お互いが響かせ合ってるのが楽しい状態で。
 お互いのああいう声を引き出したいってために声をを出してみて。」

お互いにガラス瓶をティンティン叩いてリズム遊びをするのって楽しいですよね。
・・・声でもできるように・・・なりたい・・・!


「血の流れを含め、脈々と身体の中にあるそれぞれの海流で歩く。」

人の中に海流がある・・・と言葉で聞いただけでも
人間の中のエネルギーを強く感じます。
それぞれ絶対持っているエネルギーやリズム、
その全て違うエネルギーがどう混じり合い、
ぶつかったりするのか、どんな流れが生まれるのか・・・
無限に可能性がありそうです。


「人間の欲望や夢が波立ったり、泡だったりする場になればいい。」

もしも、ぴーーーんと静かに張った水面があったら・・・
少し触れただけで波ができて、それが波紋になって広がっていきます。
深いところからごぼっと水がわき出たり。
風が吹いて高波になったり。
周りの流れが合わさって渦を巻いたり。
水で考えてみるといろんな夢や欲望のイメージが生まれそうです。


「唇をどう存在させるか、お客さんが触りたくなるような唇で」

上唇と下唇の間に花びらをはさんで歩いてみる、
話してみるというエクササイズでの言葉。
その人の本性がもろに出るからね~と明神さん。
確かに、なんだか無防備な感じになります。
ふっとその人の魅力が顔全面に出てくるような。
そういえば化粧品の広告の女優さんの顔の唇は、こんな唇が多いような。
化粧品だけでなく、いろんな写真でつい唇に目がいくときは
こういう唇になっていることが多いです。
百恵ちゃんとか・・・魅力的な唇ですよね。

↑ 百恵ちゃん、人間が経験するすべての情を知ってる唇なのよね。。。


「こんなに手を長く、骨がないかのように柔らかく見せるのはすごい」

明神さんが持ってきてくれた写真の一つ、玉三郎の「夕鶴」の写真の説明にて。
ほんとに、手、長っ・・・
翼を広げた鶴に見えます。人間が手を広げているのに白い羽毛を感じます。
鶴以上に鶴です。


次回もお楽しみに。。。
  1. 2009/11/09(月) 00:32:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。