FC2ブログ

旅模様*

旅のあしあと&稽古場日記です   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

煙の行方 京都公演

煙の行方 京都公演の写真です

文/明神さん 写真/清水俊洋さん 

写真はアップロードできないため50パーセント加工してます
清水さんの撮影された写真はもっと素敵な雰囲気です

7/28 須佐命舎にて。通り雨に降られた後の曇り空。
15:30からのゲネプロ。新人佐藤亜紀、グラスのセッティング。



亜紀ちゃん




続いて舎長、金魚鉢に酸素石を入れる。




明神さん




日傘をさして戯れる後藤飛鳥&中島美紀。床の木漏れ日が美しいです。
昼と夜の公演は、会場の構造上、全く違う作品になっています。



中島さんと飛鳥ちゃん




パフォーマンス中。清水氏はダンスの舞台写真も多く手掛けるので、グルーブ感たっぷりの写真が多いです。



パフォーマンス




7/27 19:30~の通し稽古。どこか違う国での物語のよう。衣裳はきものであそぼ提供です。



夜の公演




ラストシーンへと向かう長い沈黙のシーン。たったひとり、取り残されて。




ラストシーン


スポンサーサイト
  1. 2006/08/22(火) 21:21:49|
  2. 煙の行方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「煙の行方」公開稽古 

キラリ☆ふじみで公開稽古が開催されました

会場は展示室 舞台はビニールテープでしきり

京都公演の会場 須佐命舎(すさめいしゃ)の柱を鏡で代用して会場作りです


ポかメンバーがテーブルを組み立てる ↓



ポかメンバー




公開前に後半稽古をしているところ ↓



稽古写真




稽古写真




稽古写真



ポかリンの新人 佐藤亜紀ちゃん 京都公演で声の出演です ↓



佐藤亜紀ちゃん




受付に立つポかリンの男組 ↓



受付に立つ若人



あいにくの雨でしたが お客さんは予想以上の入りでした

浴衣の女性が舞台に立つってやはりいいもんだと再認識

上演時間は約60分ですが なにげない日舞の稽古場にぎゅっとした内容が詰まってます

京都公演 ぜひご来場くださいっ!!
公演会場の須佐命舎 ↓



須佐命舎(すさめいしゃ)




20060721040535.jpg

  1. 2006/07/18(火) 05:10:26|
  2. 煙の行方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次回公演のお知らせ

若手芸術活動トライアル・市民還元事業
ポかリン記憶舎#13『煙の行方』公開稽古

日時/2006年7月17日(祝・月) 15:00開演
会場/富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ 展示・会議室
入場無料(申込・整理番号不要)
上演時間/60分
※満員の場合や開演後のご入場をお断りする場合もございます。ご了承下さい。

作・演出 明神慈 音楽 木並和彦 AD松本賭至
出演 中島美紀 後藤飛鳥(五反田団) 市川梢 寺内亜矢子(ク・ナウカ)


交通のご案内/池袋から東武東上線準急で29分「鶴瀬」駅東口よりタクシーで10分
おすすめアクセス/東武東上線準急・川越市行 池袋駅13:38〜みずほ台駅14:02
         バス みずほ台駅東口 14:14発→富士見市役所14:25着
※バスは遅れる場合がございます。時間に余裕を持ってお越しください。
※無料駐車場あり。車でご来場いただけます。

お問い合わせ/富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1
TEL 049-268-7788 FAX 049-268-7780
http://www.city.fujimi.saitama.jp/culture/index.htm

<若手芸術活動トライアル>
この事業は、高いレベルで芸術作品を発表している若手芸術集団に、キラリ☆ふじみが施設提供での支援を行うと同時に、その高度な芸術活動を市民へ還元することを目的としています。



ポかリン記憶舎#13『煙の行方』
7月28日[金]─ 30日[日] 京都・西陣・須佐命舎
【日時】 28[金]19:30, 29[土]15:30/19:30, 30[日]15:30/19:00 全5ステージ
※上演前後、麦茶サービス有

【出演】 中島美紀 後藤飛鳥(五反田団) 市川 梢 寺内亜矢子(ク・ナウカ)
【スタッフ】作・演出/明神慈  音楽/木並和彦  舞台美術/杉山 至(突貫屋)
舞台監督/西田 聖 照明/木藤 歩(balance,inc. DESIGN)
衣裳協力/遠藤瓔子(きものであそぼ)  制作協力/辰田明子(劇団☆世界一団)

STORY
残暑に忘れられた水槽のような部屋。日舞教室の控え室。水も滴る浴衣姿の女たちが火照った身体を休ませる。主人不在の控え室で、女たちの身体から滲み、煙のように立ち昇ってくる業の数々が夕日に晒されてゆく。旬の女優四人のために書かれた本作は、日常と非日常の狭間をたゆたう麻薬のような時空間が「半睡の快楽」と呼ばれ、2001年は夏井孝裕(reset-N)、2004年は作者の演出による上演で評判となり、再々演を迎える。

【お問い合わせ】 070-5553-4180  info@pocarine.org
【チケット購入方法】http://www.tokyoscape.org/ticket/


<付帯イベント>
ポストパフォーマンストーク
28[金]19:30終演後 野村 誠(作曲家)
29[土]19:30終演後 飯田茂実(マルチアーティスト)

ポかリン記憶舎 浴衣美男・美女講座
31[月]18:00-21:00@立本寺 講師 明神慈 参加費1500円
  1. 2006/07/12(水) 04:01:02|
  2. 煙の行方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。